spacer

最新バッジを知ろう

最近のバッジは凝ってるんです◇

結婚式招待状の招待客

結婚式で招待状を送るときに招待客のリストを作成します。結婚式の招待状を作る上で一番悩む問題です。多くの人に参加してほしい、みんなに来てほしいと誰もが思いますが会場の広さなどを配慮しながら限られた人数の間で調整しなければなりません。人数の調整では、会場の広さを十分考慮して決めますが、人数の比率は両家とも同じぐらいに調整しなければなりません。会社関係者や友人や親族の中で、必ず招待する人と人数に余裕が出たら招待する人に分けておくことが重要になります。


正式な結婚報告でもある結婚式の招待状のデザインは、会社関係者や友人や親族といったさまざまな立場や年齢層の方へ送るので失礼のないように決めることが重要になります。デザインがシンプルすぎるご祝儀に影響することもあります。デザインは大きく3つに分けることができて、1つめは会場が用意するものを選ぶと費用は高くなりますが会場担当者に相談できるので安心できます。2つめは全て新郎と新婦で手作りすることで時間と労力はかかりますが、こだわりたい人が多い傾向にあります。3つめは外部の業者に依頼するもので、会場が用意した中で気に入ったデザインがなかった場合で費用は会場で依頼する費用と同じぐらいです。友人や親せきなど、結婚式に招待される際には招待状が届くものです。この招待状への返信の仕方で、2つのマナーが問われます。


まず第一に、返信の素早さ。事前に電話やメールなどで出席するかどうかきかれていたとしても、届いたらすぐにお返事を返すことが大切です。なぜなら、披露宴の席次表ぎめ・引き出物の手配など、新郎新婦にはやるべきことが盛りだくさん。返信が遅れるだけで、日どりの決まっている結婚式を控えた相手の負担・焦りを増してしまいます。とどいたらその日に返信を出す心づもりでいましょう。どうしても出席できるかどうかわからなくなってしまった場合は電話で連絡しておきましょう。第二のポイントは、返信用ハガキの書き方です。これには、知っているか知らないかが如実に出るだけではなく、返信の仕方によっては悪印象を植え付けてしまう場合もあるので注意しましょう。書き方のポイントは、2つ。まず、表にある宛名の「行」を二本線または斜線で消し「様」に書きなおします。このとき、「行」は塗りつぶしたりバツ印をつけてはなりません。そして、裏面。出席の場合、「御出席」「御住所」の「御」を二本線またが斜線で消し、住所を書き込みます。また、「御芳名」の部分は「御芳」を消しましょう。欠席の場合は、必ずお詫びとお祝いのメッセージを書き添えましょう。すこしのポイントを押さえるだけで、大切な人の大切な結婚式を気持ちよく迎えられるようになります。ぜひ実行しましょう。

最新バッジを知ろう is proudly powered by WordPress. SimpleBeaty theme by Gargron